上院委員会、英国政府のUPC決定に対して懸念を表明

上院委員会、英国政府のUPC決定に対して懸念を表明

2020年3月31日

2020年3月27日、英国議会上院のEU司法小委員会は、特定のセクターにおける英国・EU間の将来の関係についての議論の進展に関するレビュー (ここをクリック) を公開しました。この文書は、現況の要約に加えて、懸念事項に注意を促しています。知的財産に関しては、次のように述べています。「英国政府は最近、英国が統一特許裁判所制度への参加をもはや意図しないことを業界に伝達した。これは、まだ確立途上の新制度であり、発明者に単一の特許を申請すればその後すべての参加国から承認を得ることを可能にするものであるし。この制度は、主に欧州諸国を対象とするものの、おおむねEU法やEU機関の範囲外にあるため、このセクター内の擁護者たちはブレグジットの影響を受けないことを望んでいた。310日の委員会の証拠セッションの証人は、この決定に対する失望の意と、ブレグジットが英国の参加に影響を与える必要はないはずであるとの確信を表明した。」
Contact Us
Message here
Exit Preview