統一特許裁判所の違憲申し立てに対するドイツ連邦議会の回答

統一特許裁判所の違憲申し立てに対するドイツ連邦議会の回答

2021年1月19日

ドイツ連邦議会の法務・消費者保護委員会は、ドイツが統一特許裁判所 (UPC) 協定と暫定適用に関する議定書の批准を可能にする立法案に対し、ドイツ連邦憲法裁判所(Bundesverfassungsgericht - BVerfG)に提起された2件の憲法上の不服申し立てに関する会議の結果を次のように報告しています(こちら )。

  • 2021年1月8日、ドイツ連邦議会は、仮命令に関する意見を提出しました (こちらで報告されているように、連邦議会は BVerfG が意見の提出を求めた組織のひとつでした) 。

  •  AfD を除くすべての委員会の院内会派が、連邦議会が ( S94 連邦憲法裁判所法 (Bundesverfassungsgerichtsgesetz – BVerfGGの規定に基づき) 主要な手続きに参加して声明を提出することを推奨する、また、大統領に弁護士を任命することを求める決議をしました。

Contact Us
Message here
Exit Preview