2018年のUPC 準備委員会からの最新情報

2018年のUPC 準備委員会からの最新情報

2018年12月21日

2018年12月19日、統一特許裁判所(UPC)準備委員会は、統一特許裁判所プロジェクトに関する年度末の概況をウェブサイト上で発表しました。これは、同委員会が2018年4月27日に、2カ国(ラトビアと英国)がUPC協定の批准を行ったと公表して以来、初めてのアップデートになります。 

昨年の2017年12月22日、UPC議長のAlexander Ramsayは年度末概況を発表し、その中で、最近ドイツの連邦憲法裁判所に異議を申し立てたにも関わらず、2018年には「我々の努力が実を結び、成長と欧州の競争力のメリットを提供するために、統一特許裁判所が実現すると期待している」と楽観的な発言をしていました。ブレグジットとドイツの異議申し立てに関する不確実性と予測を踏まえて、2018年のニュースは、UPCの準備の継続、暫定適用段階、そしてすでに行われたUPC協定の16の批准に焦点を当てています。

今年の批准に関するその他のニュースとしては、フランス、イタリア、ルクセンブルク、及び英国がUPCの特権と免責に関するプロトコル(PPI)の批准書を事務局に預託し、ブルガリアはUPC協定の暫定適用議定書(PPA)の批准書を預託しました。

 
Contact Us
Message here
Exit Preview